磯子区 根岸 横浜市健康診査 がん検診 なかや内科医院

特定検診

NAKAYA CLINIC TREATMENT MENU

内科

消化器内科

胃カメラ検査

ピロリ菌検査

大腸カメラ検査

予防接種

健康診査、がん検診

よくあるご質問


患者の気持ち

特定健康診査)

■ 特定検診(いわゆる国保・社保メタボ検診)

内臓脂肪の蓄積による、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の早期発見・改善・予防を目的
年1回

自己負担費用 国民健康保険 1200円
(市民税非課税の方は400円)
社会保険 保険者の定める上限額
(受診券に記載)

◎ 対象

横浜市在住
40歳〜74歳
受診券持参(毎年5月下旬に個別に発送されます。不明点は磯子区区役所保険年金課保険係で問い合わせください。)

◎ 対象外

生活習慣病で受療中の方
介護保険で特別擁護老人ホーム入所中の方

◎ 評価項目

問診
理学的所見(視診、胸部聴打診、腹部触診)
身体計測(身長、体重、BMI 、腹囲)
血圧測定
尿(糖、蛋白、潜血)
血液検査(中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、GOT、GPT、γGTP、空腹時血糖、ヘモグロビンA1c(NGSP)、eGFR、クレアチニン、尿酸、)

◎ 選択項目

心電図
貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

横浜市健康診査・緊急肝炎ウイルス検査・前立腺特異抗原(PSA)検査

■ 横浜市国民健康保険特定健康診査(横浜市健康診査)

心臓病、脳卒中などの予防のための、生活習慣病の早期発見、対策目的

年1回
自己負担費用 無料


◎ 対象

横浜市在住
後期高齢者医療制度被保険者(75歳以上)
生活保護受給者(40歳以上)
65~75歳未満の障害により広域連合の認定されている方
中国残留邦人とその配偶者


◎ 対象外

糖尿病等生活習慣病で受療中の方
介護保険で特別養護老人ホーム等入所中の方


◎ 評価項目

問診、理学的検査(視診、胸部聴打診、腹部触診)
身体計測(身長、体重、BMI)
血圧測定
尿検査(糖、蛋白、潜血)
血液検査(中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、GOT、GPT、γGTP、クレアチニン、尿酸、空腹時血糖、ヘモグロビンA1c(NGSP)


◎ 選択項目

心電図
貧血検査(ヘマトクリット値、赤血球数、ヘモグロビン値)


■ 緊急肝炎ウイルス検査

肝炎ウイルスの感染者を早期に発見し慢性肝炎や肝硬変、肝がんの回避、軽減目的

年1回
自己負担費用 無料


◎ 対象

横浜市在住
過去に肝炎ウイルス検査を受けていない方
過去うけていても検査の必要性のある方(新たな感染の可能性など)
他で肝炎ウイルス検査に機会がない方


検査:採血
HBs抗原
HCV抗体
HCV-RNA(HCV抗体で低〜中力価のときに実施)


◎ 推奨される人

< C型肝炎ウイルスについて >

平成4年以前に輸血を受けた方
長期血液透析者
血液凝固因子製剤、フィブリノーゲン製剤を投与された方
大きな手術を受けた方
臓器移植を受けた方
薬物濫用者
入れ墨の方
ボディーピアスをしている方
検診で肝機能障害を指摘されていて肝炎ウイルスの検査をしていない方


<B型肝炎ウイルスについて>

幼少期のB型肝炎感染や母子感染された方


■ 前立腺特異抗原(PSA)

前立腺がんの早期発見、治療が目標
年1回
自己負担費用 1000円
(70歳以上、後期高齢者、生活保護、中国残留は無料)


◎ 対象

横浜市在住
50歳以上

検査:採血で、前立腺特異抗原(PSA)検査


がん検診(大腸がん、肺がん、胃がん)

■ 大腸がん検診

大腸ポリープやがんの早期発見、治療が目標
年1回
自己負担費用 600円(70歳以上、後期高齢者、生活保護、中国残留は無料)


◎ 対象

横浜市在住
40歳以上
検査:便潜血検査2回法


■ 肺がん検診

肺がんの早期発見、治療が目標
年1回
自己負担費用 680円(70歳以上、後期高齢者、生活保護、中国残留は無料)


◎ 対象

横浜市在住
40歳以上(肺疾患の治療中の方は除外)
検査:胸部X線(正面、側面)


■ 胃がん検診

胃がんの早期発見、治療が目的
2年に1回
自己負担費 3140円
(70歳以上、後期高齢者、生活保護、中国残留、市民税非課税者は無料)
尚、生検での病理組織検査が必要な場合、保険診療での請求が発生します。


◎ 対象

横浜市在住
50歳以上
(除外対象:年度内に胃X線検査での胃がん検診受診済みの方、入院中の方、消化性潰瘍、ピロリ除菌で受療中の方、胃全摘術後の方)
★まず一度御来院いただき、検診についての説明、問診票、承諾書の記載などございます。電話での予約は承れませんので、ご了承ください。


■ 胃がんリスク検診(いわゆるABC検診)

ピロリ菌感染の有無、萎縮性胃炎の程度から、胃がんのリスク評価をする目的
費用4500円


◎ 対象

主に40歳以上の方にお勧め(若年での希望者はピロリ検査のみもお勧め)
検査:採血で、ヘリコバクター・ピロリ抗体、ペプシノーゲン検査
(検査前の食事制限もありません)


◎ 対象外

胃手術後の方
腎不全の方
ヘリコバクター・ピロリ除菌後の方
胃酸分泌抑制薬、免疫抑制薬を飲んでいる方

<検診の説明>

胃がんの原因は、ほとんどがヘリコバクター・ピロリ菌です。
ピロリ菌は幼少期の胃に感染し慢性胃炎となり、何年もかけて萎縮性変化がすすみます。萎縮性胃炎が強いほど胃がんのリスクが高まります。
①ヘリコバクター・ピロリ抗体検査(ピロリ感染の有無を評価します。)
②ペプシノーゲン検査(ペプシノーゲンとは胃から分泌させる消化酵素の元で、胃の萎縮性胃炎の強さを評価します)
 ①②の検査結果でA〜C(D)群に振り分けます。
A群:ピロリ胃炎の可能性が低く、胃がんのリスクもほとんどない
B群:ピロリ胃炎であるが、萎縮性胃炎なし、胃がんのリスクは低め
C群:ピロリ胃炎の萎縮性胃炎があり、胃がんのリスクは高め
D群:萎縮性胃炎が強く、ピロリ検査陰性だがピロリ胃炎の可能性が高く、胃がんのリスクがかなり高い
これらの結果で、精密検査の必要性を探っていきます。

一般検診

問診、身長、体重、BMI、腹囲、視力、聴力、尿、採血(HDL、LDL、中性脂肪、尿素窒素、尿酸、クレアチニン、血糖、HbA1c、GOT、GPT、γGTP、血算)、心電図、胸部X線


全項目の費用:13000円
(必要な検査項目により費用は異なります)

クリニック概要

なかや内科医院

〒235-0011 磯子区丸山2丁目―18-6

[TEL] 045-750-1002

※ 専用駐車場あり

▼ 診療時間
平日 9:00 - 12:30 15:00 - 18:30
土・日 9:00 - 12:30 休診日:水曜日・祝日

診療時間
9:00-12:30
15:00-18:30

受付は診療開始の15分前から



▼ バス案内

◎ JR根岸駅よりバス(21,78,133,135系統)「市電保存館前」下車 徒歩1分
◎ JR磯子駅よりバス(9,78系統)「滝頭地域ケアプラザ前」下車 徒歩1分
◎ 横浜市営地下鉄 吉野町駅よりバス(113,156系統)「根岸橋」下車 徒歩3分
◎ 横浜市営地下鉄 京急 上大岡駅よりバス(133系統)「滝頭地域ケアプラザ前」下車 徒歩1分